クラウド版のカルテとは

医者

導入後のメリット

従来の紙で管理していたカルテを電子媒体で管理する電子カルテ。以前は大きな病院のみで使われている印象でしたが、中小規模な病院でも目にする機会が増えてきました。電子カルテの特徴として、予約や受付業務の削減、用紙の為のコスト減、見たい情報がリアルタイムに閲覧できるなどのメリットが周知されてきた結果なのですが、同じ電子カルテでもクラウド対応型のものと院内設置型の電子カルテが存在します。通常電子カルテは、院内のサーバーの中に情報が集約されており、必要な情報があればこの院内のサーバーにアクセスし、必要な情報を取得閲覧できる仕組みです。クラウド型の電子カルテは、最初にサービスを提供している会社と契約し、院内のデータを全てそのサービスを提供している会社のデータベースに集約され、必要な情報があればこのサービスを提供している会社のデータベースにアクセスし、情報を取得する仕組みです。院内にデータではなくネットを通して別の会社にアクセスするので、データ閲覧の場所を選ばないだけでなく、院内にデータを残さないのでBCP対策にもなります。また院内設置型の電子カルテは、システムの更新作業やデータのバックアップを自分たちで行う必要がありますが、クラウド型は契約している会社がシステムの更新やデータのバックアップを全て行ってくれるので、これらも医療機関においては規模に関係なく大きなメリットといえます。また緊急コール時にも院内に立ち寄ることなく支持が出せる為、この点でも無駄な時間を省くことが出来ます。